RSS

カテゴリー別アーカイブ: コメディ

Vol.129 「ジャンゴ 繋がれざる者」 (Django Unchained)

ジャンゴ

WBC、残念でしたね。真央ちゃんも。

東京は先日桜の開花宣言。今年は早いですねー。花もびっくりしてるかも。

今日の映画は、昨日観に行ってホヤホヤ、現在公開中です。

●ジャンゴ 繋がれざる者
Title: Django Unchained 2012 USA
Rating: ★★★★☆(4.5/5)
Director: Quentin Tarantino  
Stars: Jamie Foxx  , Christoph Waltz , Leonardo DiCaprio , Kerry Washington, Samuel L. Jackson  and more

あらすじ:
南北戦争直前の1858年、アメリカ南部。黒人奴隷として売りに出されたジャンゴは、元歯科医の賞金稼ぎでキング・シュルツと名乗るドイツ人に買われる。差別主義を嫌うシュルツはジャンゴに自由を与え、賞金稼ぎとしての生き方を教える。ジャンゴには生き別れになったブルームヒルダという妻がおり、2人は賞金を稼ぎながら彼女の行方を追うが、やがて残忍な領主として名高いカルビン・キャンディのもとにブルームヒルダがいるということがわかり……。

Story line:
Former dentist, Dr. King Schultz, buys the freedom of a slave, Django, and trains him with the intent to make him his deputy bounty hunter. Instead, he is led to the site of Django’s wife who is under the hands of Calvin Candie, a ruthless plantation owner.

ジャンゴ02

うーん、裏切らない。さすがタランティーノ監督。今回、脚本賞と助演男優賞(C.ヴァルツ)でオスカーを獲得。

前作の「イングロリアス・バスターズ」はユダヤ人を排斥したナチス。本作は南北戦争前の黒人差別を扱った。ただ単なる白人VS黒人ではなく、黒人の中でも長い間同じ家に仕えてきた奴隷頭のような存在がおり、これが白人並みに黒人奴隷を扱う。この嫌な役はS.L.ジャクソン。その雇用主の悪代官みたいな裕福で残忍な農場主にL.ディカプリオ。この二人かなりクセのある役だが、目つきといい、間の取り方といい、ウマい! っていうか主人公は?といえば、ジャンゴのJ.フォックス。寡黙な役のせいか脇にのまれちゃってるのが残念。もう一人、今回オスカー助演男優賞に輝いたのが、ジャンゴに賞金稼ぎとしての一つの生き方を教える元歯医者の賞金稼ぎ役、C.ヴァルツ。彼は「イングロリアス・・・」でいやーなナチス将校を演じました。今回は悪から善のほうへ鞍替えしたんですが、これまた前作とは別人のような演技。愛のために自身をも投げ出す覚悟のジャンゴに魅かれ、コイツに人生を懸けてみようと思う。愛する心に人種なんて関係ない。そんな役どころ。

「キル・ビル」もそうだったけど、この映画はマカロニ・ウェスタン映画のオマージュがたくさんらしい。私は詳しくないので、観る人が観れば出だしから「続、荒野の用心棒」そっくりなんだそうです。最初のワーナーのロゴも古いものを使ってる。監督自身も相変わらず出演していて、デーハーな演出で去っていきます。相変わらず滑稽で笑わせるシーンあり、残酷で目を背けるシーンあり、ふえー!カッコイイ!シーンあり・・・です。これぞ、エンターテインメントです。ハリウッドは結構ストーリー的に頭打ち作品が多い中、こういった作品をオリジナルで構想し、ホンを起こし、作品にする監督がまだいるってことに救われます。前作のプロモで来日し、しこたま西部劇映画のサントラCDを買い込みホテルで聴いていて、この作品の構想を思いついたそうです。日本ではいろいろなCDやDVDが手に入るそうです。(そうなんですねー。)

ちょっと余談ですが、この映画の字幕翻訳は松浦美奈さん。昔翻訳学校に通ってた頃、特別講義を受けたことがある美人翻訳者です。フランス語も堪能な方。まさかこんなアクションバイオレンス映画を手掛けているとは。それも良かったんですよ、訳も。(アクション映画の翻訳と言えば)菊地浩司さんのような男臭さはありませんが、心情も分かり易く、個性も出ていました。まったく松浦さんとは想像つかなかった。ホント良かったです。

ジャンゴ03

最後もスカーっとして、気分よくなります。これもタラちゃん映画ならでは。映画館で観ることをお勧めします!あ、必ずエンドロールが終わって場内明るくなるまでは席を立たないで!映画は最後まで、ね!

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 03/18/2013 投稿先 アクション, コメディ

 

タグ: ,

Vol.124 「過去のない男」 (Mies vailla menneisyyttä)

 

またしても、さぼってしまっていました。

最近、宮崎あおいさん出演のアパレルのCMで、この監督作品を彷彿とさせるようなセリフ、シーンが流れています。最初にCM観たとき、絶対に北欧映画を意識してるなぁと思ったらやはりフィンランド語でしゃべっていました。こういうCM、好きだ~。

 
●過去のない男
Title: Mies vailla menneisyyttä 2002 Finland/ Germany/ France
Rating: ★★★☆☆(3.5/5)
Director: Aki Kaurismäki  
Stars: Markku Peltola, Kati Outinenh, Annikki Tähti, Juhani Niemelä, Kaija Pakarinen, Sakari Kuosmanen and more

Storyline:
The second part of Aki Kaurismäki’s “Finland” trilogy, the film follows a man who arrives in Helsinki and gets beaten up so severely he develops amnesia. Unable to remember his name or anything from his past life, he cannot get a job or an apartment, so he starts living on the outskirts of the city and slowly starts putting his life back on track.

あらすじ:
ある日列車に揺られ、夜のヘルシンキに流れ着いた一人の男(M.Peltola)。公園のベンチで夜明けを待っていた彼は突然暴漢に襲われ、瀕死の重傷を負う。男は病院で奇跡的に意識を取り戻すが、過去の記憶を全て失っていた。身分証もなく、自分の名前すらも分からない有様。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす一家が手を差し伸べ、男は彼らと共に穏やかな生活を送り始める。そして救世軍からスープが振る舞われる金曜日。男はコンテナの主人に連れられ支給場所へとやって来る。そこで男は救世軍の女性イルマ(K.Outinenh)と運命的な出会いを果たすのだった…。

 

アキ・カウリスマキ監督作品。フィンランドの巨匠。アキって名前ですが、男性です。写真見たら、結構ゴツくて怖い顔してます。本作以外にも数本観てますが、独特の世界観に引き込まれます。冒頭に記したとおり、まさしくあのCMの世界です。笑わせようとまで思ってなくても、フフって笑ってしまうシーン、淡々と役者は演技するのにジーンと感動してしまったり。あぁ、あるあるこういう事、こういう人というような、身近な生活から出てくるシーンやセリフも多く今まで観た映画にはなかった雰囲気。作品どれもが新鮮でした。

あのCMに「お!」と思った方、観てください。きっとこの監督作品はイイと思えるはず。追って他の作品も紹介したいと思っています。

 

タグ: ,

Vol.115 「恋愛小説家」 (As Good as It Gets)

先日久しぶりに観てしまいました。タイトルからしてラブコメっぽいですが、演技で魅せる作品。

●恋愛小説家

Title: As Good as It Gets 1997 USA

Rating: ★★★★☆(4/5)

Director: James L. Brooks

Stars: Jack Nicholson, Helen Hunt, Greg Kinnear, Cuba Gooding Jr., Skeet Ulrich, Shirley Knight and more

あらすじ: 甘く切ない女心を描き、書いた本はすべてベストセラーという恋愛小説家メルビン(J.ニコルソン)。しかし実際の本人は、異常なまでに潔癖性で神経質の嫌われ者。周囲に毒舌をまき散らし、友人は誰もいない。。そんな彼がある日、ウェイトレスのキャロル(H.ハント)に淡い恋心を抱く。

Story line: New York City. Melvin Udall, a cranky, bigoted, obsessive-compulsive writer, finds his life turned upside down when neighboring gay artist Simon is hospitalized and his dog is entrusted to Melvin. In addition, Carol, the only waitress who will tolerate him, must leave work to care for her sick son, making it impossible for Melvin to eat breakfast.

この子犬がまたいい。演技派!

本作でアカデミー主演男優、女優賞をそれぞれ受賞しています。J.ニコルソンとH.ハントとのやり取りが何ともいえない秀逸なロマンス&ドラマ作品です。

女性の心をしっかりつかむ売れっ子恋愛小説家は、実は恋愛不器用。尚且つ強迫性障害を持っている。潔癖で歩道のつなぎ目を絶対踏まない、レストランには必ずマイフォーク、マイナイフを持っていく。でもってケチ。サイアクなおじさんです。隣に住むゲイの画家には毒を吐きまくる。このゲイの画家、見たことある!って思っていたらVol.47「リトル・ミス・サンシャイン」のパパを演じたG.キニアでした。気弱で情けない役をやらせたら天下一品。J.ニコルソン、H.ハント、G.キニア、この3人の配役が素晴らしく当たっています。

安っぽい恋愛コメディに終わらせない3人の演技を堪能してください。

 
 

タグ: ,

Vol.98 「50/50 フィフティ・フィフティ」 (50/50)

あけましておめでとうございます。今年もyy cine fanをどうぞよろしくお願いします。

年末にアップできませんでした。すみません!その年末に観てきた最新映画です!

●50/50 フィフティ・フィフティ

Title: 50/50 2011 USA

Rating: ★★★★☆(4/5)

Director: Jonathan Levine

Stars: Joseph Gordon-Levitt, Seth Rogen, Anna Kendrick, Bryce Dallas Howard , Anjelica Huston and more

あらすじ: シアトルのラジオ局で働く27歳の青年、アダム(J.ゴードン=レヴィット)。酒もたばこもやらない生真面目な彼を突然の病魔が襲う。ガンと診断され、5年後の生存率が50%と宣告される。覚悟を決め、闘病生活に入るアダムに対し、恋人のレイチェル(B.D.ハワード)はじめ誰もが心配し優しく励ましてくれる。しかし、腫れ物に触るように接する周囲の態度に居心地の悪さを感じてしまうアダム。ただ一人、女好きで能天気な親友カイル(S.ローゲン)だけは、無神経なほどそれまでと変わらない態度で接してくれた。そんなカイルや少々頼りない若い新米セラピスト、キャサリン(A.ケンドリック)のサポートを受けながら病気を笑い飛ばして前向きに闘病生活を送ろうとするアダムだったが…。

Story line: Adam is a 27 year old writer of radio programs and is diagnosed with a rare form of spinal cancer. With the help of his best friend, his mother, and a young therapist at the cancer center, Adam learns what and who the most important things in his life are.

12月上旬公開でしたが、まだ上映していました。「インセプション」に出演したJ.ゴードン=レヴィット(先の映画と違い、まったく別人)、「マイレイジ・マイライフ」のA.ケンドリック、S.ローゲンは前回の「宇宙人ポール」の声をやっていました。皆さん”旬”の俳優さんです。その中にA.ヒューストン(「アダムス・ファミリー」)が出ていました。ガンを克服した体験者が脚本を起こして、映画化したそうです。

周りの家族や友人らに支えられながら前向きにガンと向き合って生きていく作品。涙必至の不治の病映画との違いは、まずコミカルなんです。親友役のS.ローゲンが下ネタ連発。そんな場合じゃない!と怒られながらも実は一番友人のことを思いやっている姿。また認知症の父を介護している派手な母も、息子に避けられながら隠れてケアサポートしようと努力している。何ともいえずジーンとしてしまいます。抗がん剤友だち(老齢の方々)が突然ひとり減ったりして落ちこんだり。しかしながら、脚本や演技のお蔭で、とても爽やかに描かれ後味よく仕上がっています。

 
コメントする

投稿者: : 01/04/2012 投稿先 コメディ, ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

Vol.96 「宇宙人ポール」 (Paul)

現在公開中!最新映画、観てきました。

●宇宙人ポール

Title: Paul 2011 USA/ UK

Rating: ★★★☆☆(3.5/5)

Director: Greg Mottola

Stars: Simon Pegg, Nick Frost, Kristen Wiig, Seth Rogen , Jason Bateman, Bill Hader and more

あらすじ: アメリカのコミック業界最大のイベント“コミコン”に参加するため、イギリスからはるばるやって来たSFオタクの若者グレアム(S.ペグ)とクライブ(N.フロスト)。そんな彼らのもう一つの目的は、アメリカ西部に点在する有名なUFO関連の名所を巡ること。さっそくキャンピングカーでドライブに繰り出すが、いきなり車の事故現場に遭遇、様子を見に近づいた2人の前には、なんと本物の宇宙人が姿を現わしたのだった。“ポール”(声;S.ローゲン)と名乗った宇宙人は、60年前に不時着して以来、政府機関に囚われの身となっていたのだった。グレアムとクライブは、アメリカ文化に染まりきったポールの言動に戸惑いつつも、彼を故郷の星に帰してあげようと一肌脱ぐことにするのだが…。

Story line: Two sci-fi geeks take a pilgrimage to America’s UFO heartland. While there, they accidentally meet an alien who brings them on an insane road trip that alters their universe forever. For the past 60 years, an alien named Paul  has been hanging out at a top-secret military base. When he discovers he’s been taken prisoner, the space-traveling smart ass decides to escape the compound and hop on the first vehicle out of town – a rented RV containing Earthlings Graeme Willy and Clive Gollings. Chased by federal agents and the fanatical father of a young woman that they accidentally kidnap, Graeme and Clive hatch a fumbling escape plan to return Paul to his mother ship.

おととい、観てきました。今年の夏か秋に予告を観ていて、ずっと観たかったので期待大!・・・でもイマイチでした。面白かったですが、何か足りない。きっと笑える場面はもっとあっただろうに、そこまで英語力がないから分からない。字幕のせい?かもしれません。吹き替えや字幕って映画の面白さを左右する重要なものです。以前勉強してたのでよく分かります。なので、そうだとしたら残念ですが。やや中途半端な感じもあり、もっと笑わすシーンがあってもいいのではないかなと思えます。

アメリカナイズされた宇宙人ポール。フツーに英語をしゃべり、踊る、食べる。でも不思議な力もある。見目形は宇宙人そのまま。彼に翻弄されながらも、どうにかして彼を故郷へ返そうとするイギリス人のオタク二人。この二人、うまいです。N.フロストはブログVol.84「キンキーブーツ」にも出演。コメディ系には欠かせない存在です。いろいろな映画やドラマのオマージュ的なシーンやセリフが出てくるので映画好きの人は楽しめます。こんなオモロイ宇宙人がいたら友達になりたいですねー。異星人の映画といえばこの人!という超有名な方も出演してます。観てのお楽しみー!

 
コメントする

投稿者: : 12/26/2011 投稿先 コメディ, 洋画

 

タグ: ,

Vol.84 「キンキーブーツ」 (Kinky Boots)

今日は笑ってちょっとホロっとくる展開のイギリスらしい映画。今流行りのオネエ系が活躍します。

●キンキーブーツ
Title: Kinky Boots 2005 USA/ UK
Rating: ★★★☆☆(3.5/5)
Director: Julian Jarrold
Stars: Joel Edgerton,  Chiwetel Ejiofor, Sarah-Jane Potts, Nick Frost, Linda Bassett, Jemima Rooper and more

あらすじ:
田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス(J.エドガートン)。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。4代目社長としてあまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員の首切りを開始することに。どうにか工場を救おうと悪戦苦闘するチャーリーは、ひょんなことから知り合ったドラッグクイーンのローラ(C.イジョフォー)の悩みをヒントに、男性向けセクシーブーツの開発に活路を見出すのだった…。

Story line:
Charles Price may have grown up with his father in the family shoe business, but he never thought that he would take his father’s place. Yet, the untimely death of his father places him in that position, only to learn that Price & Sons Shoes is failing. While in despair at his failed attempts to save the business, Charles has a chance encounter with the flamboyant drag queen cabaret singer, Lola.

タイトルどおりの派手なブーツを履くオカマチャンが出てきます。私の好きなUK映画に展開はやや似ていますが、そっちには勝てない。笑えるしホロっとくるけど、うーん、今一歩。なんだろうなぁ、好きな映画とは「フル・モンティ」です。

結婚=現状打破的な考えの主人公が父の死で工場を継ぐ。が、その工場は実は借金だらけで従業員のリストラをするしか立て直す方法がないほどの状況。ショーパブで踊っていたローラは黒人のオカマダンサー。体も足も大きいのに、無理して履きづらいピンヒールのド派手ブーツを履いていた。そこで閃く。こういうのを作ってみてはどうだろう、と。しかし老舗のオカタイ紳士靴ばかり製作してた工場の職人たちは思っていたとおり反発する。

なんとなく展開が見えてしまってるからイマイチだったのかな。良く言えば安心して観られます。黒人のオカマチャン役の俳優はとてもよかった。正しい名前の読み方が良くわかりません。あと主人公のJ.エドガートン。情けない、でも危機を乗り越えて自分も成長して経営者となっていく役を好演していますが、ハイヒールを履いて歩くシーンはまだまだ。それと職人のドン(N.フロスト)。味がある!本作は気楽&気軽に観てください。

 
コメントする

投稿者: : 11/16/2011 投稿先 コメディ

 

タグ: ,

Vol.68 「から騒ぎ」 (Much Ado About Nothing)

ガラッと変わってシェークスピアもの。大スターの共演。もう終わってしまいましたが、某TV局の週末深夜番組ではありません。

●から騒ぎ
Title: Much Ado About Nothing  1993 UK /USA
Rating: ★★★☆☆(3+/5)
Director: Kenneth Branagh
Stars: Kenneth Branagh, Emma Thompson, Denzel Washington, Robert Sean Leonard, Keanu Reeves and more

あらすじ:
戦いから戻ったドン・ペドロ(D.ワシントン)一行を民は歓喜の声で迎える。その夜の宴でドン・ペドロは、クローディオ(R.S.レナード)の気持ちをヒーロー(K.ベッキンセイル)に伝え二人の婚礼が決まった。ドン・ペドロと仲の悪い異母弟のドン・ジョン(K.リーヴス)は二人の結婚を妨害しようと策をめぐらす。一方、そんなことは知らない皆は、顔を合わせれば喧嘩ばかりしているベネディック(K.ブラナー)とベアトリス(E.トンプソン)の仲を何とかしようと作戦を練っていた……。

Story line:
Young lovers Hero and Claudio are to be married in one week. To pass the time, they conspire with Don Pedro to set a “lover’s trap” for Benedick, an arrogant confirmed bachelor, and Beatrice, his favorite sparring partner. Meanwhile, the evil Don Jon conspires to break up the wedding by accusing Hero of infidelity. In the end, though, it all turns out to be “much ado about nothing.”

左から、M.キートン、R.S.レナード、K.リーヴス、K.ベッキンセール、E.トンプソン、K.ブラナー、D.ワシントン

シェークスピア好きなK.ブラナー監督、主演作品。UKの俳優さんはシェークスピアを演じてナンボのものなのでしょうね。しかしスターばかり集めてよく作ったなぁと感心。これはシアターで観ましたが、私は楽しめました。悲劇ではなく喜劇作品。

(本心は好きであろう)ケンカばかりしている二人をくっつけようと友人たちが画策する。でも人の好い世話好きばかりではなく、悪い奴もいる。舞台劇っぽいオーバー演技もありますが、シェークスピアなので良しとしましょう。但し設定に無理(D.ワシントンとK.リーヴスが異母兄弟?)があるのは否めません。そういえば、本作製作中は既に夫婦(K.ブラナーとE.トンプソン)だったっけ?今は離婚しちゃいましたが。

シェークスピアって映画化されている作品も多いのに、あまりTV放映されませんよね。日本人はあまり好まないのでしょうか。特に「から騒ぎ」は喜劇だしマイナーだからかなぁ。舞台では公演されるのに。他の映画作品もやって欲しいです。

 
コメントする

投稿者: : 09/22/2011 投稿先 コメディ, 洋画

 

タグ: ,