RSS

Vol.124 「過去のない男」 (Mies vailla menneisyyttä)

21 9月

 

またしても、さぼってしまっていました。

最近、宮崎あおいさん出演のアパレルのCMで、この監督作品を彷彿とさせるようなセリフ、シーンが流れています。最初にCM観たとき、絶対に北欧映画を意識してるなぁと思ったらやはりフィンランド語でしゃべっていました。こういうCM、好きだ~。

 
●過去のない男
Title: Mies vailla menneisyyttä 2002 Finland/ Germany/ France
Rating: ★★★☆☆(3.5/5)
Director: Aki Kaurismäki  
Stars: Markku Peltola, Kati Outinenh, Annikki Tähti, Juhani Niemelä, Kaija Pakarinen, Sakari Kuosmanen and more

Storyline:
The second part of Aki Kaurismäki’s “Finland” trilogy, the film follows a man who arrives in Helsinki and gets beaten up so severely he develops amnesia. Unable to remember his name or anything from his past life, he cannot get a job or an apartment, so he starts living on the outskirts of the city and slowly starts putting his life back on track.

あらすじ:
ある日列車に揺られ、夜のヘルシンキに流れ着いた一人の男(M.Peltola)。公園のベンチで夜明けを待っていた彼は突然暴漢に襲われ、瀕死の重傷を負う。男は病院で奇跡的に意識を取り戻すが、過去の記憶を全て失っていた。身分証もなく、自分の名前すらも分からない有様。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす一家が手を差し伸べ、男は彼らと共に穏やかな生活を送り始める。そして救世軍からスープが振る舞われる金曜日。男はコンテナの主人に連れられ支給場所へとやって来る。そこで男は救世軍の女性イルマ(K.Outinenh)と運命的な出会いを果たすのだった…。

 

アキ・カウリスマキ監督作品。フィンランドの巨匠。アキって名前ですが、男性です。写真見たら、結構ゴツくて怖い顔してます。本作以外にも数本観てますが、独特の世界観に引き込まれます。冒頭に記したとおり、まさしくあのCMの世界です。笑わせようとまで思ってなくても、フフって笑ってしまうシーン、淡々と役者は演技するのにジーンと感動してしまったり。あぁ、あるあるこういう事、こういう人というような、身近な生活から出てくるシーンやセリフも多く今まで観た映画にはなかった雰囲気。作品どれもが新鮮でした。

あのCMに「お!」と思った方、観てください。きっとこの監督作品はイイと思えるはず。追って他の作品も紹介したいと思っています。

広告
 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。