RSS

Vol.118 「ドラキュラ」 (Bram Stoker’s Dracula)

08 5月

 

 

たまにはクリーチャーもの(?) …なんですが、実は哀しく美しい悲恋ものです。

 

●ドラキュラ 
Title: Bram Stoker’s Dracula 1992 USA 
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Francis Ford Coppola
Stars: Gary Oldman, Winona Ryder, Anthony Hopkins, Keanu Reeves, Richard E. Grant, Cary Elwes and more

 

あらすじ:
時は15世紀。ワラキアの王ドラキュラ(G.オールドマン)はトルコ軍と死闘の末に勝利するが、最愛の王妃エリザベータ(W.ライダー)は夫が戦死したと聞き、投身自殺してしまう。1897年、トランシルヴァニア地方のある城にやって来た青年弁護士ジョナサン(K.リーヴス)。彼は城主ドラキュラ伯爵に命を狙われ、九死に一生を得る。そしてロンドンでは、ドラキュラがジョナサンの婚約者でエリザベータの生き写しであるミナ(W.ライダーの二役)を我がものにしようと画策していた。ドラキュラの深い愛に揺れるミナ。だがやがて、吸血鬼狩りが組織され、ドラキュラは追い詰められていく。

 

Story line:
This version of Dracula is closely based on Bram Stoker’s classic novel of the same name. A young lawyer (Jonathan Harker) is assigned to a gloomy village in the mists of eastern Europe. He is captured and imprisoned by the undead vampire Dracula, who travels to London, inspired by a photograph of Harker’s betrothed, Mina Murray. In Britain, Dracula begins a reign of seduction and terror, draining the life from Mina’s closest friend, Lucy Westenra. Lucy’s friends gather together to try to drive Dracula away.

 

うーん、これは監督がいいんでしょうね。ブラム・ストーカーの原作に忠実に映画化されたそうです。ドラキュラがこんなドラマチックな悲恋ものになるなんて!ドラマであり、ロマンスであり、ホラーでアクションものでもある。監督はF.F.コッポラ。映像が美しいこと。衣装、セット、背景、カメラアングル、細部にまで心配りが行き届いている。ちょっと本作に近いんですが、「フランケンシュタイン」もご紹介したい。これも悲しいです。泣けます。

 

ドラキュラはG.オールドマン。素敵です。W.ライダーでなくてもウットリ・・・。ウィノナは最近「ブラック・スワン」に出てましたね。いろいろ問題ある方ですが、存在感が出てきてました。さすがです。そのフィアンセでドラキュラと対決する弁護士役にK.リーヴス。彼を手助けするヘルシング博士(映画にもなったヴァン・ヘルシングのことですね)にA.ホプキンス。あと女ドラキュラ役でM.ベルッチも出演してます。スター大集合です。

こちらの画像がモノクロですが、映画はカラーです。(こういう画像しかいいのがなかったものでごめんなさい・・・)

広告
 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。