RSS

Vol.117 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 (The Help)

02 5月

すみません!長い間更新していませんでしたね。体調を崩し気分がすぐれなかったため、仕事優先でおとなしくしていました。
GWはどのように過ごされていますか?先日この映画を観に行ってきました。久々のオススメです!

●ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Title: The Help 2011 USA /India /United Arab Emirates
Rating: ★★★★☆(4.5/5)
Director: Tate Taylor
Stars: Emma Stone, Viola Davis, Octavia Spencer, Bryce Dallas Howard, Jessica Chastain, Ahna O’Reilly and more

あらすじ:
アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。上流階級に生まれ、黒人メイドに育てられた白人女性スキーター(E.ストーン)。作家志望の彼女は大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに。しかし家事に疎い彼女は、友人宅のベテラン黒人メイド、エイビリーン(V.デイヴィス)に相談する。話を聞くうち、彼女たちが置かれた立場に違和感を覚え始める。そして、黒人メイドたちの証言を集めて本にしようと思い立つ。ところがエイビリーンは、黒人が真実を口にするようなことがあれば、この町では生きていけなくなると、取材を頑なに拒否する…。

Story line:
Set in Mississippi during the 1960s, Skeeter (Stone) is a southern society girl who returns from college determined to become a writer, but turns her friends’ lives — and a Mississippi town — upside down when she decides to interview the black women who have spent their lives taking care of prominent southern families. Aibileen (Davis), Skeeter’s best friend’s housekeeper, is the first to open up — to the dismay of her friends in the tight-knit black community. Despite Skeeter’s life-long friendships hanging in the balance, she and Aibileen continue their collaboration and soon more women come forward to tell their stories.

久しぶりにイイ映画に出会えました。本作は本年アカデミー賞脚本賞を受賞しています。T.テイラー監督が、脚本も書いています。彼は日本公開された作品は本作で2作目。まだまだ知られていませんが、作品賞を獲ってもおかしくない作品に仕上がっています。ただ、ディスニー映画というのがちょっと引っかかりましてポイントは4.5です。(決してディズニー映画が嫌いなわけではありませんので)

1960年代頃のアメリカ南部が舞台…とくれば、黒人問題ですね。キング牧師の歴史的演説、ケネディ大統領暗殺…、アメリカで大きな波涛が汚れた部分を洗い流そうと押し寄せてくる時代。「風と共に去りぬ」でも出てくる南部の黒人メイド、ここまで酷い扱いを受けていたのか…と驚いてしまう。白人上流階級者たちはパーティーでの慈善チャリティや寄付集めをし、アフリカの子どもたちへの寄付を募るといった、外面だけ、やってることは矛盾だらけでまったくの偽善者たちの集団と化している。かたや家ではメイドたちと同じトイレは使用しない。外でさせたり、別にトイレを設置したり、食器は同じものを使わせない、物が無くなればメイドのせいとして警察に通報する。もちろんメイドらは安い賃金で雇われる。まぁ酷いです。その南部の風潮、悪習に立ち向かったのがヒロイン、スキーター。まだ駆け出しの新聞編集者だが、小説家かジャーナリストになるのを夢見る。彼女の起こしたことは、時代の波に乗りつつもはじめの一歩なんでしょうね。でもとても勇気の要る事です。笑えます、泣けます!ハンカチ、必携!

左からB.D.ハワード、S.スペイセク、O.スペンサー。

E.ストーンはこれからの女優さん。魅力的な大きな瞳が印象的。V.デイヴィスはVol.28「ダウト」で黒人の母役で出ていました。いじわるなヒリー役のB.D.ハワードはナイト・シャマラン監督の「ヴィレッジ」、「レディ・イン・ザ・ウォーター」のヒロイン。全然雰囲気が違います。いい女優になりました。最近はVol.98「フィフティ・フィフティ」にも出演。その他、シシー・スペイセク(Vol.86「ミッシング」)や、NY出版界の著名人であるMs.スタイン役のメアリー・スティーンバージェンはVol.92「ギルバート・グレイプ」のJ.デップに迫る人妻役で出演してます。

騙されたと思って映画館で観てみてください。最近観た中では一押しです!

広告
 
コメントする

投稿者: : 05/02/2012 投稿先 ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。