RSS

Vol.113 「歓びを歌にのせて」 (Sa som i himmelen)

23 3月

北欧の映画、いいですよ。本作もかなりおすすめ。スウェーデンからです。

●歓びを歌にのせて

Title: Sa som i himmelen 2004 Sweden

Rating: ★★★★☆(4.5/5)

Director: Kay Pollak

Stars: Michael Nyqvist, Frida Hallgren, Helen Sjöholm, Lennart Jähkel, Ingela Olsson and more

あらすじ: 天才指揮者として世界的に大きな名声を得ているダニエル・ダレウス(M.ニクヴィスト)。しかし想像を絶するプレッシャーと過酷なスケジュールのために彼の肉体と精神はもはや限界に達していた。そしてついに彼は第一線から退くことを決断する。すべてを捨てた彼がたった一人で向かった先は、幼年期を過ごした小さな村ユースオーケル。ここで静かに余生を送ろうとしていたダニエルだったが、やがて地元の聖歌隊を指導してほしいと頼まれる。最初は抵抗を感じたものの、素人ばかりの彼らが心から音楽を楽しむ姿に触れ、次第に彼自身も音楽の素晴らしさを改めて実感していくのだった。

Story line: A successful international conductor suddenly interrupts his career and returns alone to his childhood village in Norrland, in the far north of Sweden.It doesn’t take long before he is asked to come and listen to the fragment of a church choir, which practises every Thursday in the parish hall. Just come along and give a little bit of good advice. He can’t say no, and from that moment, nothing in the village is the same again. The choir develops and grows. He makes both friends and enemies.

2004年アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。残念ながら受賞はできませんでしたが、とても良い作品。主演はVol.35、Vol.67のミレニアムシリーズの主演も務めたM.ニクヴィスト。本作でもいい演技を見せてくれます。いい俳優です。

精根尽き果て、疲弊しきった名指揮者ダニエルが故郷の町に戻り、そこの聖歌隊の指揮を始める。その町ではかつて子どもの頃、いじめられた記憶があった。なぜ故郷に戻ったかは描かれてはいないが、心と体を癒すにはやはり故郷の空気が一番なのだろう。音楽を通して失くした何か、懐かしい何かを求めていたのかもしれない。聖歌隊の人たちとも紆余曲折ありながら、通じ合っていく。そして恋も・・・。切なくなるラストシーン。思わず涙。

ありがちなストーリーではあるが、おおげさに描かないところがいい。美しい景色、個性的な人々、それに彼らの演技だけで、十分魅了されます。

広告
 
コメントする

投稿者: : 03/23/2012 投稿先 ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。