RSS

Vol.111 「ダニー・ザ・ドッグ」 (Danny the Dog)

07 3月

今日はJ.リー主演のアクション映画ですが、ドラマ作品です。製作、脚本はリュック・ベッソン。

●ダニー・ザ・ドッグ

Title: Danny the Dog 2005 France /USA /UK

Rating: ★★★★☆(4.5/5)

Director: Louis Leterrier

Stars: Jet Li, Morgan Freeman, Bob Hoskins, Kerry Condon, Vincent Regan and more

あらすじ: 5歳の時に誘拐され、悪徳高利貸しのバート(B.ホスキンス)によって番犬、そして闘犬になるべく育てられた男ダニー(J.リー)。常に首輪をはめられ、脅迫兼戦闘要員として借金の取り立てと闘いに明け暮れる日々。感情さえも無くしたダニーが唯一興味を示したものがピアノだった。そんなある日、ダニーは取り立てに向かった先で一台のピアノに遭遇する。そしてピアノに心奪われているダニーに、盲目のピアノ調律師サム(M.フリーマン)が話しかけてくる。サムは戸惑うダニーに優しく接し、鍵盤の叩き方を教え、調律の手伝いをさせる。やがて2人は少しずつ心を通わせていくのだが…。

Story line: A man treated like a dog and raised as a fighting machine his entire life, ends up in a coma and is taken in the care of good people, but his sinister owner is looking to retrieve his most prized possession: a non stop human weapon triggered by the collar leashed on his neck.

監督は「トランスポーター」のL.レテリエ。J.リーのアクションを観ようと期待してるとやや外れちゃうかもしれません。アクションもあるけどドラマ仕立てで、J.リーが演技で魅せます。これ観てJ.リーが好きになった。M.フリーマンは目が不自由なピアノ調律師。音楽はマッシヴ・アタックっていうのがまたいい。

人間らしい感情を心の奥深く閉じ込め、まるで闘犬のごとく金儲けのために育てられたダニーが、ピアノの音を聞き過去が蘇ってくる。優しい母が奏でるピアノの音色。ピアノに因ってサムと心通わせ、過去を少しずつ思い出し自分を取り戻してゆくダニー。しかし金蔓がいなくなると困るバートは無理やり首輪をはめ、連れ戻しにくる。実はダニーの母は…

ダニーの気持ちを思うと切なくなる。アクションとドラマ、両方を十分に堪能できるリュック・ベッソンならではのストーリー。彼の監督作、「レオン」「ニキータ」も然りです。この2本が好きな方は楽しめると思います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 03/07/2012 投稿先 アクション, ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。