RSS

Vol.106 「ブーリン家の姉妹」 (The Other Boleyn Girl)

14 2月

16世紀のイングランド、のちのエリザベス1世の母となる人とその周りの人々の愛憎劇。N.ポートマン、S.ヨハンソンの2大女優の共演。

●ブーリン家の姉妹

Title: The Other Boleyn Girl 2008 USA/UK

Rating: ★★★★☆(4/5)

Director: Justin Chadwick

Stars: Natalie Portman, Scarlett Johansson, Eric Bana, Jim Sturgess, Mark Rylance, Kristin Scott Thomas and more

あらすじ: 16世紀、イングランド。国王ヘンリー8世(E.バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。そこに目を付けた新興貴族のトーマス・ブーリン(M.ライランス)は、長女アン(N.ポートマン)を王の愛人に仕立てようと画策する。ところが、ヘンリーが見初めたのは、商家の息子と結婚したばかりの次女メアリー(S.ヨハンソン)だった。ほどなくヘンリーはブーリン一家を宮中に住まわせ、メアリーを愛人に召し上げる。先に嫁いだ上に、王の愛人の座まで横取りされてしまったアンは、次第にメアリーに対して嫉妬と憎しみを抱き始めるが…。

Story line: A sumptuous and sensual tale of intrigue, romance and betrayal set against the backdrop of a defining moment in European history: two beautiful sisters, Anne and Mary Boleyn, driven by their family’s blind ambition, compete for the love of the handsome and passionate King Henry VIII.

中世ヨーロッパ舞台の作品はそれほど観てはいないんですが、これは予想以上に面白かった。原作はフィリッパ・グレゴリー。イングランド王ヘンリー8世とその王妃の座を狙う人々。もうドロドロの昼ドラじゃないけど、肉親、兄弟姉妹であろうが、既婚、未婚も関係ない世界。王の心をつかんでも、世継ぎを産めば愛人に乗り換えられてしまう。日本でも政略結婚に女性たちは利用されていました。今は昔、国こそ違え、あるんですね。

役者さんたちが素晴らしい。ヘンリー8世とブーリン一族、それぞれ心の中までも演じきっているように思えます。N.ポートマンはハリウッドを代表する女優になりましたよね。アン役は彼女以外考えられないくらいにハマってます。怖いくらいの演技、対照的なメアリー役のS.ヨハンソン。陰と陽の対比が面白い。男たちと時代に翻弄されながらも、自分をもち、生き抜こうとしていた二人の姉妹。原作、読みたい!

広告
 
コメントする

投稿者: : 02/14/2012 投稿先 ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。