RSS

Vol.105 「知りすぎていた男」 (The Man Who Knew Too Much)

12 2月

某保険会社のCMで綾瀬はるかさんが出ていますよね。あのバックで流れている曲、この映画のサントラです。♪ケーセラセラ~ ヒッチコック映画なんです。

●知りすぎていた男

Title: The Man Who Knew Too Much   1956   USA

Rating: ★★★★☆ (4/5)

Director: Alfred Hitchcock

Stars: James Stewart, Doris Day, Brenda De Banzie, Bernard Miles, Ralph Truman and more

あらすじ:モロッコでの旅の途中、あるフランス人の死に立ち会ったアメリカ人の医師ベン(J.スチュワート)は、断末魔の男の口から某国の首相暗殺計画を知らされる。やがてベンの口を封じるため、彼の息子が誘拐されてしまう。ベンと元ミュージカルスターであった妻のジョー(D.デイ)は、暗殺者がひそむ教会へと乗り込んでいく……。

Story line: Dr. Ben McKenna, his wife Jo and their son Hank are on a touring holiday of Africa when they meet the mysterious Louis Bernard on a bus. The next day Bernard is murdered in the local marketplace, but before he dies he manages to reveal details of an assassination about to take place in London. Fearing that their plot will be revealed, the assassins kidnap Hank in order to keep the McKenna’s silent. Ben and Jo go to London and take matters into their own hands.

作品タイトルがヒッチコックならではですし、内容もスリリングなサスペンス映画。でも、この曲に救われます。もともとこのタイトルはブロークン・スパニッシュだそうです。あまりにも有名な歌が、本作でとても効果的に使われています。まさかヒッチコック映画のサントラとは知りませんでした。日本ではペギー葉山さんがカバーしていましたね。あのCM、綾瀬はるかさんの雰囲気と曲がマッチしていて良いです。

舞台はモロッコ、言葉がなかなか通じない国で殺人現場に遭遇してしまったことから、自分も妻も息子も事件に巻き込まれてしまう。クライマックスのD.デイ、なかなかいい演技をします。J.スチュワートよりがんばってます。親子の愛、夫婦の愛が、事件を解決へと導く。なかなかいい映画。さすがヒッチコックです。

広告
 
コメントする

投稿者: : 02/12/2012 投稿先 サスペンス, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。