RSS

Vol.102 「髪結いの亭主」 (Le mari de la coiffeuse)

01 2月

ちょっとエロチックでステキなフランス映画。好き嫌いはあるでしょうが、忘れられない作品です。

●髪結いの亭主

Title: Le mari de la coiffeuse  1990 France

Rating: ★★★★☆(4/5)

Director: Patrice Leconte

Stars: Jean Rochefort, Anna Galiena, Roland Bertin, Maurice Chevit, Philippe Clévenot and more

あらすじ: 子供の頃から女の理容師と結婚したいという願望を抱き続けた来たアントワーヌ(J.ロシュフォール)は、中年にさしかかった頃、ようやくその夢を実現する。妻のマチルド(A.ガリエナ)は、優しくて綺麗で、アントワーヌは念願の妻を娶った事に満足し、十分に幸せな日々を送っていた。そして10年、この愛は何事もなく平穏に過ぎてゆくが……。

Story line: Twelve-year-old Antoine falls profoundly in love with a voluptuous but suicidal hairdresser, a formative experience he never forgets. Much later in life, he seeks to repeat his romance by marrying Mathilde – also voluptuous and also a hairdresser – with whom he forms an intimate and consuming relationship in an attempt to blot out the miseries of this world from their lives.

ごく最近、UL・OSっていうシャンプーのCMで、本作を彷彿(?)とさせるような映像が流れています。おお!これは!と思いました。You Tubeに映像がありました。桑田さんのCMのほうじゃありませんよー。”Barber UL・OS”ってタイトルだったかな。

フランス映画では有名なパトリス・ルコントの作品です。どこがいい?って聞かれるとウーンとうなってしまいますが、なんかいいんですよね。ちょっとエロチックで、おしゃれな映像で。若い人ならよくあると思うんですが、キレイな歯科助手さんや美人の美容師さんに触れられるとドキっとするような。。。私は男じゃありませんが、男女問わずそれに近い経験あると思います。妄想と願望とが入り混じったような。音楽はマイケル・ナイマン(「ピアノ・レッスン」)。

ラストは意見が分かれるかもしれませんね…。

広告
 
コメントする

投稿者: : 02/01/2012 投稿先 ドラマ, ラブロマンス, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。