RSS

Vol.84 「キンキーブーツ」 (Kinky Boots)

16 11月

今日は笑ってちょっとホロっとくる展開のイギリスらしい映画。今流行りのオネエ系が活躍します。

●キンキーブーツ
Title: Kinky Boots 2005 USA/ UK
Rating: ★★★☆☆(3.5/5)
Director: Julian Jarrold
Stars: Joel Edgerton,  Chiwetel Ejiofor, Sarah-Jane Potts, Nick Frost, Linda Bassett, Jemima Rooper and more

あらすじ:
田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス(J.エドガートン)。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。4代目社長としてあまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員の首切りを開始することに。どうにか工場を救おうと悪戦苦闘するチャーリーは、ひょんなことから知り合ったドラッグクイーンのローラ(C.イジョフォー)の悩みをヒントに、男性向けセクシーブーツの開発に活路を見出すのだった…。

Story line:
Charles Price may have grown up with his father in the family shoe business, but he never thought that he would take his father’s place. Yet, the untimely death of his father places him in that position, only to learn that Price & Sons Shoes is failing. While in despair at his failed attempts to save the business, Charles has a chance encounter with the flamboyant drag queen cabaret singer, Lola.

タイトルどおりの派手なブーツを履くオカマチャンが出てきます。私の好きなUK映画に展開はやや似ていますが、そっちには勝てない。笑えるしホロっとくるけど、うーん、今一歩。なんだろうなぁ、好きな映画とは「フル・モンティ」です。

結婚=現状打破的な考えの主人公が父の死で工場を継ぐ。が、その工場は実は借金だらけで従業員のリストラをするしか立て直す方法がないほどの状況。ショーパブで踊っていたローラは黒人のオカマダンサー。体も足も大きいのに、無理して履きづらいピンヒールのド派手ブーツを履いていた。そこで閃く。こういうのを作ってみてはどうだろう、と。しかし老舗のオカタイ紳士靴ばかり製作してた工場の職人たちは思っていたとおり反発する。

なんとなく展開が見えてしまってるからイマイチだったのかな。良く言えば安心して観られます。黒人のオカマチャン役の俳優はとてもよかった。正しい名前の読み方が良くわかりません。あと主人公のJ.エドガートン。情けない、でも危機を乗り越えて自分も成長して経営者となっていく役を好演していますが、ハイヒールを履いて歩くシーンはまだまだ。それと職人のドン(N.フロスト)。味がある!本作は気楽&気軽に観てください。

広告
 
コメントする

投稿者: : 11/16/2011 投稿先 コメディ

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。