RSS

Vol.82 「天城越え」 (Amagi goe)

14 10月

 

 

先日、原作を読みました。映画のほうが好きです、というより大好きです!

 

●天城越え
Title: Amagi goe 1983 Japan
Rating: ★★★★★(5/5)
Director: Haruhiko Mimura
Stars: Tsunehiko Watase, Yuko Tanaka, Mikijiro Hira, Yoichi Ito, Kazuko Yoshiyuki and more

 

あらすじ:
時代は戦前、家が嫌になり静岡の兄を訪ねるため、ひとり天城越えの旅に出た少年(伊藤洋一)。途中、素足で旅するハナ(田中裕子)という女性と出会い、二人並んで歩く。しかし、道中、旅の資金を手に入れるために行きずりの男に声をかけるハナ。無理やり少年と別れたハナの後を、密かに追った少年は草陰で情交を重ねる二人の姿を目撃してしまう……。

 

Story line:
Japan in the 1940s. A high school boy went into a magic encounter with Ozuka Hana, a geisha (pub-girl) when he traveled through Amagi Pass. A mysterious murder took place afterwards, an Ozuka was held responsible. 40 years later, the boy, who became a printing shop owner, was visited by a retired policeman who came from Amagi Pass. The truth then started to reveal itself.

さ、よ、な、ら・・・ のシーン。

 

ようやく原作を読みました。松本清張の短編です。少年から大人へ移り変わるときの、旅愁への憧れや姓への目覚めが本編の主題です。原作ではうまく表現されなかった濃やかな演出、加えて映像の美しさが素晴らしい映画です。なんといっても田中裕子!渡瀬恒彦を喰ってしまう熱演。最初観たときには衝撃的でした。彼女の美しさと演技に惚れました。すべての役者さんが個性的でステキです。あぁ何回観たことでしょう。

この夏、私自身も「天城越え」してきました。「私はハナ、咲いた咲いたのハナ、簡単な名前だわ…」とセリフを思い出しつつ(おバカ…)、ほとんど未舗装のつづら折りの山道を登りました。今は幅広く自動車も通れるようになっています。トンネル内はかなりヒンヤリ。オバケが出てもおかしくない暗さ。事実、日中なのに携帯のライトを頼りに歩きました。石川さゆりの歌も有名ですね。寒天橋、浄蓮の滝…、詩や映像どおりの美しい自然がいっぱいでした。本作のカギとなる氷倉もあったのですが、本道からは外れていて見るのは断念…。下田には少年の家(映画では鍛冶屋)として撮影された家もありました。お店になっています。

 

松本清張原作の映画はかなり製作されていますが、やはり本作と「砂の器」(加藤剛 主演)が大好きです。

広告
 
コメントする

投稿者: : 10/14/2011 投稿先 邦画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。