RSS

Vol.69 「ケープ・フィアー」 (Cape Fear)

26 9月

 

デ・ニーロ、怖い…。リメイク版ながらアッバレ!さすがスコセッシ監督です。

●ケープ・フィアー
Title: Cape Fear  1991 USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Martin Scorsese
Stars: Robert De Niro, Nick Nolte, Jessica Lange, Juliette Lewis, Joe Don Baker and more

あらすじ:
レイプ罪により14年間の獄中生活を終えたばかりのマックス・ケイディ(R.デ・ニーロ)は、自分を敗訴に導いた弁護士サム・ボーデン(N.ノルティ)に対する復讐を誓い、サムばかりか妻のレイ(J.ラング)や娘ダニエル(J.ルイス)の前にも姿を現すようになった。愛犬が殺され、サムの愛人ローリー(イレーナ・ダグラス)が襲われるが、マックスの犯行とは認められない。ダニエルにマックスが接近したことを知ったサムは私立探偵カーセク(J.ドン・ベイカー)を雇い、力づくでマックスを町から追い出そうとするが、鍛え抜かれた肉体を持つマックスには通用せず、逆に暴行罪で告訴されてしまう。

Story line:
Sam Bowden is a small-town corporate attorney/”Leave It to Beaver”-esque family-man. Max Cady is a tattooed, cigar-smoking, bible-quoting, psychotic rapist. What do they have in common? Fourteen years, ago Sam was a public defender assigned to Max Cady’s rape trial, and he made a serious error: he hid a document from his illiterate client that could have gotten him acquitted.

左から、J.ルイス、J.ラング、N.ノルティ

むかーしレンタルで観たんですが、かなり怖かった印象があります。若いデ・ニーロに、Vol.18「クリーン」のN.ノルティも父親役で出演。J.ルイスはその娘役で出ており、かなり存在感があります。いずれにしてもすべての役者が良い!音楽や風景も怖さを募らせる演出効果が抜群で、こういうところはやはり大御所らしく思えます。

執念深いマックス。そういえば、「マックス」って復讐劇に多く登場する名前?Vol.53「マッドマックス」も然り。同じような復讐劇でも違った立場から観ると面白いなぁって感じます。近く有料TVでスコセッシ監督特集をやるようです。本作も放映されるそうで、これは久々に観るしかないと。旧作「恐怖の岬(1962)」もちょっと比較して観てみたくなります。とにかく、人間って怖い!って思える作品です。

広告
 
コメントする

投稿者: : 09/26/2011 投稿先 サスペンス, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。