RSS

Vol.59 「狼たちの報酬」 (The Air I Breathe)

08 9月

昨夜、観ました。B.フレイザー、K.ベーコン、A.ガルシアなどなど、大物が出るヴァイオレンス系オムニバス形式の作品。

●狼たちの報酬
Title: The Air I Breathe  2007 Mexico /USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Jieho Lee
Stars: Kevin Bacon, Brendan Fraser, Andy Garcia, Sarah Michelle Gellar, Forest Whitaker and more.

あらすじ:
生真面目な銀行員のハピネス(F.ウィテカー)は、八百長レースの勝ち馬の秘密情報を偶然小耳にはさみ、地下賭博の現場に足を踏み入れるが、思わぬ誤算が生じてギャングのボス、フィンガーズ(A.ガルシア)に多額の借金を負うはめに。一方、新進ポップスターのトリスタ(S.M.ゲラー)は、マネージャーの借金のカタに自分のマネージメント権がフィンガーズの手に移ったことを知らされ、思わず愕然とする。そしてフィンガーズの部下プレジャー(B.フレイザー)が彼女の監視役を任命されるのだが…。

Story line:
A clumsy clerk overhears the conversation of three coworkers in the toilet about a fix in a horse race, and bets a large amount. He loses the bet and owes the money to the dangerous and powerful mobster Fingers. A gangster has the ability of foreseeing the future and works for Fingers; he is assigned to collect money for the boss with his troublemaker nephew Tony and is beat up by a gang.

本作は日本未公開です。あまり興行成績が良くなかったのでしょうか。先日紹介した「レニングラード」もそうなんですが、結構未公開作品でも見応えのあるものが多いと思います。あまり評価は高くないのかもしれないけど、感想は人それぞれですから。

監督はJ.リー、ハーバードビジネススクール卒の若手中国系アメリカ人監督です。B.フレイザー(「ハムナプトラシリーズ」)も年齢を重ねてきて渋くなりました。A.ガルシアがなぜかA.パチーノに似てると気づいた(気のせいですかね)。F.ウィテカーはJ.ジャームッシュ作品によく登場する名優。S.M.ゲラーは「呪怨」のリメイク版のヒロインです。

お話はオムニバス形式。一話ずつのタイトルが主人公の名前になってるが、それが主題でもあり面白いです。ゲラーの役名トリスタはスペイン語のTriste(哀しいの意)からきているのでしょうか。つまりは英語の”Sorrow”、オムニバスの一話になってます。それぞれのキャラの苦悩や葛藤、優しさや愛が描かれていてヴァイオレンス作品であっても好きな作品です。あまり書くとネタバレするのでやめておきます。ただ、ラストには救われます。

一つだけ、テンポよく描くのはいいですが、少し詰め込み過ぎた感があり、緩急織り交ぜながらもう少しゆったりと作っても良かったのではないかと。まだまだこれからが楽しみな監督と言えそうです。

広告
 
コメントする

投稿者: : 09/08/2011 投稿先 サスペンス, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。