RSS

Vol.56 「ガス燈」 (Gaslight)

05 9月

古い映画ですが、サスペンス映画史上に残る名作。バーグマン、アカデミー主演女優賞受賞作。

●ガス燈
Title: Gaslight  1944 USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: George Cukor
Stars: Charles Boyer, Ingrid Bergman, Joseph Cotten, Dame May Whitty and more.

あらすじ:
ロンドン、ソーントン街。ガス燈の点る頃、この町を後にしイタリア留学に向かうポーラ(I.バーグマン)。彼女の育て親である、名歌手の誉れ高き叔母は何者かに殺され、事件は未解決。傷心のまま旅立った彼女だったが、新天地で恋をし、声楽の勉強を諦め、その相手、作曲家のグレゴリー(C.ボワイエ)と夫婦になる。彼は彼女の育った家に関心を持ち、そんな落ち着いた環境で暮らしてみたいと言うので、ポーラも忌わしい記憶を拭い去って、ロンドンで再び生活を始めるが、叔母のピアノに男名前の差出人の手紙を見つけて以来、物忘れや盗癖が目立ち始めたと、夫は指摘する。部屋のガス燈も奇妙にちらつき暗くなる。

Story line:
Paula’s aunt Alice Alquist, a famous entertainer, is murdered in her home. Paula, who lives with her aunt finds the body. Police fail to find the killer and Paula is sent away to school. Ten years later, Paula returns to London with her new husband. They take up residence in her aunt’s house, which she has inherited. Paula is increasingly isolated by her husband but does come to the attention of an admirerer of her aunt, Mr. Brian Cameron.

左より、C.ボワイエ、I.バーグマン、J.コットン

ヒッチコックばりのサスペンス。I.バーグマンの美しさと演技力には圧倒されます。C.ボワイエの謎めいた夫役もしかり。J.コットンは唯一味方の警部役、また脇役だがメイドの2人もなかなか。名優ぞろいで見応えあり。犯人は大体見えてしまうが、そこまでの演出の持っていきかたがいい。霧の街ロンドン、恐怖をそそる階上の物音、ガス燈のチラつき、モノクロの画面、恐怖映画のお手本のようです。

本作でI.バーグマンはアカデミー主演女優賞を獲得しています。サスペンスの名作です。

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 09/05/2011 投稿先 サスペンス, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。