RSS

Vol.53 「マッドマックス」 (Mad Max)

31 8月

最近何かとお騒がせのメル・ギブソン。DV裁判、司法取引が成立したらしいですが、真偽のほどはいかがなんでしょ。ベタなところですみませんが、今日はこの映画。

● マッドマックス
Title: Mad Max  1979 Australia
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: George Miller
Stars: Mel Gibson, Joanne Samuel, Hugh Keays-Byrne, Steve Bisley, Tim Burns and more.

あらすじ:
黒皮の上下服を着込み、肩にはマグナム44、足にはショットガンを入れ、完全武装した警官マックス(M.ギブソン)。彼は、追跡専門のパトカー、インターセプターに乗り、同僚のグース(S.ビズレー)からの無線連絡で、ナイトライダーを追跡している最中だ。ナイトライダーとは、警官を殺し、パトカーを奪い、追跡車を次々に転倒させている悪漢だ。ナイトライダーは、ぴったりとくっついてくるインターセプターに恐怖心を抱き、咄嗟にブレーキを踏んで、そのまま工事中現場に突っこんでしまった。彼の死は、それからのマックスの生活に大きな変化をもたらした。家を守る妻のジェシー(J.サミュエル)は、マックスの仕事が不安でたまらない。ナイトライダーの死で、集まってきた彼の仲間たちが、復讐のために町の者を脅かし、狂暴さを示しだした。

Story line:
A vision of an apocalyptic future set in the wastelands of Australia. Total social decay is just around the corner in this spectacular cheap budget gang orientated road movie. Where the cops do their best to lay down the law and the outlaw gangs try their hardest to defy the system.

愛する家族が・・・

私の中でM.ギブソンといえばこれなんですね。荒削りな作品ですが、それゆえにマックスの心を映し出していると思えます。オーストラリアの荒涼とした大地、寡黙なマックス、恐怖心を煽るようなショット、全体的にシンプルだけど、余計にマックスの怒りが際立つ。この監督G.ミラーはのちに全く違ったテイスト(「ベイブ」「ロレンツォのオイル」など)の映画も作っていて、彼を有名にした最初の作品がこれみたいですね。悪役俳優らは情け容赦せず恐ろしく怖い。オーストラリア版悪役商会みたい。3作まで公開されましたが、私はこれが一番好み。サンダードームはイマイチだった。

なんとっても革ジャンやバイクがかっこいいんだなぁ。日本製バイク、昔のHONDAやKawasakiも数多くみられます。オーストラリアってこういうところなんだと思って、この映画の数年後に訪れましたが、赤土の大地でもっとだだっ広い感じでした。ポリスもこんなワイルドなヤツらではありません。日本のそれに近かったです。

男子ならほとんど観ていると思いますが、アクション好き女子ならいけます!愛ゆえに鬼と化したマックス。カッコイイですよ。

出た!インターセプター!モノクロですが。

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/31/2011 投稿先 アクション, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。