RSS

Vol.38 「セント・エルモス・ファイアー」 (St. Elmo’s Fire)

10 8月

夏休み、帰省して学生時代の仲間と会う。そんな時に思い起こされる爽やかな作品。今朝、某有料TVでやっていましたね。

●セント・エルモス・ファイアー
Title: St. Elmo’s Fire  1985 USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Joel Schumacher
Stars: Emilio Estevez, Rob Lowe, Andrew McCarthy, Demi Moore,  Judd Nelson, Ally Sheedy, Mare Winningham and more.

あらすじ:
ワシントンの名門、ジョージタウン大学をそろって卒業した7人の仲間が久しぶりに顔を合わせることになったのは、ビリー(R.ロウ)とウェンディ(M.ウィニンガム)が引き起こした交通事故がきっかけだった。弁護士志望のカービィ(E.エステヴェス)、ミュージシャン志望のビリー、ジャーナリスト志願のケヴィン(A.マッカーシー)、政治家を目ざすアレック(J.ネルソン)、建築の勉強を続けるレスリー(A.シーディ)、銀行に就職したジュールス(D.ムーア)、ソシアル・ワーカーのウェンディ。七人七様の生き方で社会の大海に乗り出したのだ。

Story line:
Seven friends – Alec, Billy, Jules, Kevin, Kirby, Leslie and Wendy – are trying to navigate through life and their friendships following college graduation. Alec, who aspires to political life, has just shown his true colors by changing his allegiance from Democrat to Republican, which freaks out girlfriend Leslie, who he wants to marry.

左から、M.ウィニンガム、D.ムーア、A.シーディ

一言で言えば、青春群像劇。日本のそういったドラマ(ありましたよね)の先駆け的映画です。監督はJ.シューマッカー。「バッドマン フォーエバー」などの作品で有名。俳優陣は一昔前に風靡した方々。D.ムーア、E.エステベス、R.ロウ・・・。今となっては味のある俳優さんになっています。音楽はデビッド・フォスター。一度くらいはどこかで聞いたことのあるメロディー。名曲です。この頃、D.フォスター全盛期でした。

大学時代に仲の良かった友人らはそれぞれの道に進み、社会に染まりつつ、少しずつ環境や志しも変わっていく。若さならでは、もがいたり、苦しんだり、葛藤したりするが、それを久しぶりに会った仲間とともに乗り越えていく。派手な映画ではありませんが、懐かしさに浸れる作品。音楽、ファッションなど、おじさん世代にはジーンとくるものがあると思います。

学生時代にかけがえのない仲間がいた方、是非懐かしさに浸ってみてください。そうでなかった人も、なんとなく心に沁みる作品です。

左から、A.マッカーシー、E.エステベス、J.ネルソン、R.ロウ

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/10/2011 投稿先 ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。