RSS

Vol.36 「レールズ&タイズ」 (Rails & Ties)

08 8月

今日は立秋。秋とは名のみ。残暑は厳しくなりそうです。
今日の映画は、ケヴィン・ベーコン主演のドラマ作品。

●レールズ&タイズ
Title: Rails & Ties 2007  USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Alison Eastwood
Stars: Kevin Bacon, Marcia Gay Harden, Miles Heizer, Marin Hinkle and more

あらすじ:
鉄道技師のトムは、妻のミーガンが末期の乳ガンに冒されている事実に正面から向き合おうとせず、仕事に没頭することで気を紛らわせていた。そんなある日、トムの運転する列車が前方線路上に停車していた1台の車を轢いてしまう。その車には一組の母子が乗っていたが、息子は激突寸前に脱出し、母親は轢死。原因は母親による無理心中だった。だがやがて、トムのもとにディヴィが訪ねてくる。

Story line:
Train fanatic Tom Stark’s job enjoyment stops shielding him from grief over his wife Megan’s now terminal cancer when Laura Danner commits suicide by planting her car on the railway just before Tom’s train arrives. Tom’s colleague Otis, who never got over a hobo doing the same on foot, resigns, Tom is suspended. It’s even worse for Laura’s fatherless son Davey, who loses his home too. He escapes from a monstrous foster-ma’s home and tracks down Tom’s home.

この映画は、日本公開されなかったようですね。DVDは発売されています。タイトルの”Rails & Ties”。直訳すれば、「レールと枕木」ですが、”tie”は「絆」という意味もあります。うまいネーミングです。監督はクリント・イーストウッドの娘、アリソン・イーストウッド。主演はK.ベーコン。彼はこういった人間ドラマものの俳優としてもいい演技をします。今では父親役が多いですが、好きな俳優さんです。妻役のM.G.ハーデンもベテラン女優になってきました。

設定としては映画ならでは。現実ではまずあり得ないこと。自分の運転する列車で轢いてしまった車に乗っていた親子。結果的には、母親の病苦による無理心中で、それにより生き残った子どもと、加害者である運転士との交流のお話。何か切ない。加害者のトム(K.ベーコン)の妻(M.Gハーデン)へ、亡くなった母の思慕を追い求めようとする幼い子ども。事故で失った母と病気によって命を奪われる母のような女性。その狭間でどう子どもと接していいか分からないトムの葛藤。難しく重い話をできるだけ明るく作ろうとしている気がします。

私は好きな作品の一つに入りますが、今一つという人も多いかもしれません。一生懸命な感じが残っておりまだまだ発展途上の監督ですが、今後期待できる監督だと思います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/08/2011 投稿先 ドラマ, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。