RSS

Vol.34 「蒲田行進曲」

04 8月

今日は邦画を。

●蒲田行進曲
Title: Kamata-koshinkyoku 1982 Japan
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: 深作欣二 Kinji Fukasaku
Stars: 松坂慶子、風間杜夫、平田満、高見知佳、ほか
Keiko Matsuzaka, Morio Kazama, Mitsuru Hirata, Chika Takami and more.

あらすじ:
時代劇のメッカ、京都撮影所。人情に篤いが激情家なのが玉にキズの大スター銀ちゃん(風間杜夫)と、その銀ちゃんに憧れる大部屋俳優のヤス(平田満)。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが女優の小夏(松坂慶子)を連れてやって来た。銀ちゃんの子を身ごもった小夏をスキャンダルになるからとヤスに押し付けに来たのだった……。

今回、英語版のあらすじは省略します。

日本アカデミー受賞作。つかこうへいの小説が原作です。スターと大部屋俳優、その間で揺れ動く落ち目女優の人間関係が柱となって進んでいく物語。ヤスは銀ちゃんに嫌われたくないし、小夏はヤスの献身的な態度に心を動かしていく。銀ちゃんは勝手気ままで、若い女にうつつを抜かしてる。みんな不器用で素直じゃないんだけど、好きに事(人)には一生懸命。特にヤスがいいんです!

現在、新選組フリークの私としては、もう一度観てみたい映画の一つ。なんせ劇中劇が新選組の映画、銀ちゃんは土方歳三役ってことで出ているし、池田屋の階段落ちもある。余談になっちゃいますが、池田屋騒動のとき、最初階段上で志士を斬るのは、局長の近藤勇らしいんですよね。土方はかなり遅れて到着するんです。上の写真はちょうど階段落ちを撮影してるスタジオの外でヤスを心配して来ている小夏のカットです。松坂慶子さん、とってもキレイです。

小夏の「ぎんちゃ~ん!」と、痣だらけの顔でヤスが言う「コレがコレなもんで…」のセリフが残ります。ご存知ない方は是非観てくださいね。

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/04/2011 投稿先 邦画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。