RSS

Vol.32 「クロウ/飛翔伝説」 (The Crow)

02 8月

ちょうど、NHK BSでブルース・リーの映画をやっていますね。その息子ブランドン・リー主演作。

●クロウ/飛翔伝説
Title: The Crow  1994 USA
Rating: ★★★★☆(4/5)
Director: Alex Proyas
Stars: Brandon Lee, Rochelle Davis, Ernie Hudson and more.

あらすじ:
退廃と欲望渦巻く近未来都市。今日も冷たい雨が降りしきる町の片隅で、墓場からロック・ミュージシャンのエリック(ブランドン・リー)が蘇った。この世と冥界とを結ぶ神秘的なカラスのパワーを得た、彼は一年前のハロウィンの夜、自分と恋人シェリー(ソフィア・シャイナス)を惨殺したものたちへの復讐を開始する。

Story line:
A poetic guitarist Eric Draven is brought back to life by a crow a year after he and his fiancee are murdered. The crow guides him through the land of the living, and leads him to his killers: knife thrower Tin-tin, drugetic Funboy, car buff T-Bird, and the unsophisticated Skank. One by one, Eric gives these thugs a taste of their own medicine. However their leader Top-Dollar, a world-class crime lord who will dispatch his enemies with a Japanese sword and joke about it later, will soon learn the legend of the crow and the secret to the vigilante’s invincibility.

自分と恋人とが惨殺され、墓場から蘇ったその主人公の復讐劇。もともとは、カルトコミックが原作。ダークファンタジーというか、ファンタジースリラーと言おうか。もうすぐリメイクされるようですね。

ブランドン・リーはブルース・リーの遺児。残念ながら映画撮影中の発砲事故により28歳で亡くなってしまいました。これが遺作です。ほとんど映画は撮り終えていたそうで、残りのシーンはCG合成だそうです。この映画では顔にメイクをしていますが、普段の顔は父親似のかなりイケメンです。監督は「アイ,ロボット」や「ノウイング」の監督。

一貫して画面もダーク。日本でも忌み嫌われるカラスがモチーフ。愛のために復讐に燃えるエリックは、要はゾンビなんだけど情熱を内に秘めてカッコイイ!音楽もオルタナ系のグランジ(ロック好きなら分かりますね)。Jデップ主演、Tバートン監督作品に似たところもありますが、コメディっぽさはほとんどなく、最後まで悲哀に満ちたファンタジースリラーです。父親の面影を浮かべながら観てみるのもいいです。

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/02/2011 投稿先 ホラー, 洋画

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。